夏キャンプ in池の谷キャンプ場 (8/13~15)

<1日目>
まるよファミリーに誘ってもらったので、上の二人を連れて夏キャンプに行ってきました。
場所は奥大井池の谷キャンプ場です。
11時過ぎに現地に入り、木陰の一等地を確保しました。

P8130049.jpg

簡単に昼ごはんを済ませ、早速川遊びです。
寸又川の水はこのところの夕立の影響でかなり濁っていました。
しかも半端なく冷たい!

P8130057.jpg

雷が鳴り出し、ぽつぽつと降り始めた2時過ぎにサイトに戻ると、本格的な降りになりましたが、30分ほどで止みました。
あたりの空気がこの雨を境にひんやりと気持ちのいいものに変わっていました。

初日は初めて焚き火と飯ごうでご飯を炊いてみました。

P8130071.jpg

水の量が多かったので多少べったりしてしまいましたが、雰囲気に弱いハートはかなり美味そうに食べていました(笑)
これで僕もなんちゃってキャンパー卒業でしょうか!?
メインは自慢の切り出し七輪でのんびりマッタリと焼肉&焼き野菜を楽しみました。
偏食家のSAKUは残り物の菓子パンを食べていましたが、ハートはピーマンや白ねぎも美味そうに食べていました。
そろそろSAKUの偏食をどうにかしないとなあ(泣)

P8130077.jpg

食後にみんなで花火を楽しんで、子供たちの就寝時間にそろって眠りにつきました。

<2日目>
涼しい、そして静かな夜でした。
子供の団体が多いキャンプ場にありがちなバカ親の深夜の大宴会は全くありませんでした(笑)

まるよファミリーは午後からB&Gの体育館でバトミントンをするというので、我が家は別行動でカヌーへ行きました。
千頭付近の大井川もすこし濁りがありました。
いわゆる濃い柳色って感じでしょうか。

P8140112.jpg

水量は子連れで下るにはベストの6.5t/sでした。
先日の35t/sを経験しているハートは今日の水量の方が楽しいとゴキゲンでした。
この前はかなり緊張していたようです(汗)
真夏の炎天下のカヌーでしたが、かなり楽しく下ることが出来ました。
詳細は後日別エントリーで報告します。

楽しいカヌーのあとはもうひとつのお楽しみ、白沢温泉です。
指定管理者制になり(?)一部料金が高くなってしまったのは残念ですが、充実した設備が魅力の温泉です。
子供たちは何故か水風呂がお気に入り(汗)
まあそんなもんかなあ(笑)

さてこの日のメインイベントの夕飯はピザです。
みんなで楽しく生地をこねます。

P8140173.jpg

1時間ほど寝かせた生地を、今度は広げて思い思いにトッピング。

P8140188.jpg

ダッチオーブンで10分ほど焼き上げます。

P8140192.jpg

ハイ完成です。

P8140194.jpg

初めてのピザでしたが、もっちりタイプの美味しい出来上がりでした。
子供たちにも大好評でした。
赤ワインにもよく合いますねえ。
飲みすぎ注意です(笑)

盛りだくさんの二日目でしたが、本当に楽しい一日でした。
テントに入るとみんな爆睡でした。

<3日目>
楽しかった夏キャンプも最終日です。
相変わらず冷た~い川ですが、子供たちには関係ないようです。

P8150212.jpg

ちなみにこれ、僕が濁った水に潜って深みを探してから飛び込んでるんです。
底の状態がわからないときの基本です。
ハートより少し大きい子を連れたおとうさんが後から来たんですが、自分の子供にハートが飛んでいるところよりすこし高いところから飛んでみなとあおってました。
わが子の勇敢な姿を見たかった(見せたかった?)んでしょうが、そこは僕が探索して岩のある場所でした。
子供に罪は無いからそっと教えてあげましたけど、せっかく野に出たんなら、自然に対する畏敬の念を教えるのが基本ですよね。
こんな危険があるよ。
こうやって回避するんだよって。
教えるって言うのは僕の思っているのとはちょっとニュアンスが違うんだけど。
わが子にはそんな僕の姿勢を感じてもらいたいなあ。

って偉そうな事いう僕も、野遊びの先輩たちから自然と教わった(これもニュアンスはもう少し微妙ですが…)ことですけど。
そう、昔の子供たちがガキ大将から学ぶ感覚かな。
本やネットでは中々学べないことですから、仲間と遊ぶのはそんな意味でもすごく大事、自分の糧になってます。

川から上がって昼ごはんを済ませてから撤収となりました。
撤収作業中も遊び相手がいたのでわが子も楽しかったみたい。
やっぱり仲間がいるのっていいなあ。

自由研究用の石拾いをしながら帰るというまるよファミリーと現地で別れ、我が家は川根温泉で汗を流してから家路につきました。

真夏のキャンプでしたが虫もほとんど気にならなかったし、長袖が欲しいくらいの涼しさでした。
キャンプに来ていた人たちはみなさん良識人で、夜はもちろん、朝もすごく静かで最高の環境でした。
こんなキャンプを味わっちゃうと癖になりますね。



テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

春キャンプ in池の谷キャンプ場 (5/1~3)

ゴールデンウィーク恒例となりました(?)が、今年も池の谷キャンプ場へ行ってきました。
去年に引き続き、今年もまるよファミリーに同行させてもらいました。

我が家は午前中の用事を済ませてから一路奥大井へとむかったので、現地到着が3時過ぎでした。
まるよさんに水場に近い良い場所をキープしてもらったので大助かり。
設営を済ませ、早速BBQへと突入しました。

今年は夜が寒かった~。
この時期は昼夜の寒暖の差が大きいのは承知しているんですが、それにしても半端ない冷え込みでした。
子供が大きくなってきたので、シュラフを1本新調したんですが、その代わりにいつも持っていく毛布を持っていかなかったので、差し引きゼロになってしまいました。

photo 179
 こんな夜には焚き火が一番です

二日目には、子供たちが渓流つりに挑戦です。
ところが、川虫がまったく見つかりませんでした。
しかたないので、海釣り用のバイオワームを使って雰囲気だけ味わってもらいました。

photo 136
 それでも楽しそうな子供たち

我が家は昼に、たこ焼き&お好み焼き。

photo 137
 今回初登場の鉄板焼き用の蓋。

この蓋、前から欲しかったんだけど、売ってないんですよねえ。
ということで、ワンセット157円也の自作品です。
高級鉄板焼き屋の味を再現いたします。

photo 189
 こちらも初登場のパーコレーター

先日大井川で頂いた、バレイさんのコーヒーの味があまりにも良かったので、買ってしまいました。
淹れてみると、結構難しいですねえ。
美味しく淹れられない。
腕があっての道具です(涙)

二日目の夜は前日に比べ冷え込みは穏やかでした。
おかげでぐっすりと眠ることができました。
息子に「いびきうるさい。」と鼻をつままれるほどに(汗)

最終日まで好天に恵まれ、昼間は半袖で過ごせるような気温でした。
折角の山奥のキャンプ場なのですが、少年たちはベイブレードが楽しかったようです。
隣のサイトの子も持ってきてました(笑)

photo 192
 お隣のサイトの少年も一緒にベイ対決




本当にあっという間に過ぎ去った3days。
去年は時間をもてあまし気味だったんですが、今年はいくつかのネタを出さずに終わってしまいました。
子供の成長ってこんな些細なところ、時間の流れの速さなんてところにも現れるんですね。

こんな楽しい時間を共有させてもらった、まるよファミリーには本当に感謝です。

<参考データ>
5/1 晴れ 3.4~21.6℃
5/2 晴れ 4.2~23.2℃
5/3 晴れ 5.7~24.3℃ (川根本町観測所)









090502-04 キャンプ in池の谷キャンプ場 (Part3)

昨日より冷え込みも少なく、更にぐっすり眠れました。
雲が大分多いけれど、雨が降るようなことはなさそうです。

朝食をのんびりと済ませると、子供たちは早速活動開始です。

吊り橋を渡ったり、キックボードをしたり、虫取り、野球、シャボン玉などなど。

後姿が素敵ですねえ
  チビさん達も一人前です

子供は本当に元気に遊びます。

つり橋

[広告] アクセス解析

遊びながら、ハートが自然にも目を向けてくれるのがうれしく思います。
見つけた昆虫や、草花はなるべく写真にとって帰り、親子で図鑑で調べるようにして、興味を持続させてあげるように努めます。


今日捕まった蝶たち(もちろんリリースしました)
ヒメウラナミジャノメ コミスジ ウスバジロチョウ
ヒメウラナミジャノメ コミスジ ウスバジロチョウ
キチョウ
キチョウ

今日見かけた草花
ノギク イロハモミジの実 ニシキウツギ
ノギク 実のついたイロハモミジ ニシキウツギ

そんな楽しいキャンプも撤収が完了した時点で終了です。
名残を惜しみながら、最後に今回の参加メンバー8人でUNOをして、最後に残ったタープとイスをたたみ、楽しかった三日間のキャンプが幕を閉じました。

年齢が近い子供がいると、こうもキャンプが楽しくなるのかと改めて感じる三日間でした。
もちろん、どんな子供でも仲良くなれるわけではないので、同行させてもらったまるよ家には本当に感謝です。

初日の夜には、焚き火をする兄妹に細かく注意していた夫妻が、次の夜にはほとんどするに任せていたのがとても印象的でした。
子供と親が一緒に成長していける、そんなキャンプをこれからも目指していきたいと思います。

<5/4 川根本町観測所>
気温: 9.8~23.6℃ 
日照時間: 4.8h
 

ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
(別ウインドウでランキングが表示されます。)

にほんブログ村 アウトドアブログへ

090502-04 キャンプ in池の谷キャンプ場 (Part2)

マナーの良い皆様のおかげで、結構ぐっすりと眠れました。
ヤマガラの可愛らしい鳴き声で目が覚め ました。
目撃したのは一羽だけでしたが…

寒暖の差が激しいので、夜露の量が半端じゃないです。
草地を歩くと靴がビッショリ。
荷物をタープ下に避難させておいて正解でした。
新調したテント「Resurbia2」の使用感については、改めてまとめてみたいと思います。

午前中はのんびりとゲームをしたり、
テーブルゲーム
  オセロ&UNO

すぐ横を寸又川が流れます。

寸又川の渓谷美
  寸又川の渓谷美

ここで石投げしたり、岩登りしたりしてのんびりとした時間を過ごします。
寸又川で石投げ

[広告] アクセス解析


ニシキウツギ
  岩場に咲いていたニシキウツギ

午後は千頭の「音戯の里」に出かけました。
ハートは楽しみにしていた工作にチャレンジ。
今回はパタパタを上手に作っていました。

パタパタ製作中
  パタパタ製作中

ここのように体験型の施設が低料金で利用できると、子連れにはありがたいです。
おそらく赤字運営なんでしょうけれど…。

もちろん帰りには温泉に立ち寄ります。
風邪が悪化しそうなので今日は無しにしようという提案も、子供たちにあっさり却下され、男3人だけ入浴となりました。

昨日よりもかなり混んでいましたが、時間も早いのでのんびり浸かって疲れを癒します。
ここで偶然、奥大井を漕いできたと言うTDMさんにバッタリ出会ったのには驚きでした。


サイトに戻り、本日の夕食タイムです。
美味しい料理とビールでのんびりと過ごし、僕の鼻水が止まらなくなってきた9時頃に我が家は就寝です。

隣のバイカー集団の宴会が賑やかに続いていますが、久しぶりの集会なのでしょうか?
11時半頃目が覚めても宴たけなわの状態
テントを出て、そろそろもう少し声を落としてもらうようにお願いしたところ、快く(?)了解してもらいました。
怒鳴り込みたい気分だったんだけど、人数で負けているので喧嘩になったらポコスカになりかねない状況だったので
結局その後すぐにバンガローに引き上げていました

今日も静かな夜を楽しめそうです

Part3につづく



ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
別ウインドウでランキングが表示されます。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

090502-04 キャンプ in池の谷キャンプ場 (Part1)

家族でキャンプに行ってきました。
我が家から最寄の「久野脇キャンプ場」がまさかの満杯と言うことで、少し足を伸ばして「池の谷キャンプ場」に行ってきました。
ご一緒させてもらったのは、まるよ家。

午前中に子供の用事を済ませている間に、僕が一人荷物の積み込みを黙々と済ませます。
今日はカヌーの予定が無いので、荷室に余裕が有ると思ったのに…
photo 632
  満載になったMPV

なんだかんだで出発は予想通りの2時。

新緑の川根路をのんびりと二時間弱。
道中の大井川は予想通りの透明度と、低水位

キャンプ場に到着すると、まるよが日当たりの良い一等地を確保してくれていました。
到着するまでは、林間のキャンプ場に貸しきり状態だったら困るなあと心配していたけれど、場内はかなりの賑わいです。
photo 667
  日当たりの良い高台

photo 646
  もちろん林間の雰囲気はバッチリ

ここには何度か来たことがあるけど、この場所は初めて。
真夏なら日陰のサイトが良いけど、春のキャンプならば日当たりの良いここがベストかも。
既にテントをほぼ設営済みのまるよ。
タープは我が家のものを共用することにし、僕もささーっと1時間弱でタープとテントの設営を完了。

我が家にとって温泉は必須なので、車で10分ほどの「白沢温泉 森のいずみ」を家族で利用します。
photo 634
  白沢温泉 森のいずみ

意外と知られていないのだけど、キャンプ利用客は領収書などを見せて申告すると、町民料金で利用できるのです。
広々とした内風呂に加え、大井川を眺めながらの露天風呂は最高です。

気持ちよく汗を流した後は、サイトに戻って夕飯の準備となるのですが、子供たちは早速焚き火をスタートさせています。
心配顔のまるよ夫妻を尻目に、もう慣れたもので、ハートは上手に火をおこします。
親が慣れたのか、子が慣れたのか? 笑)
我が家は割と放っておけるようになりました。

まるよ家のBBQに便乗させてもらい、おすそ分けを頂きながらまったりと「The Premium Malts」をグラスでのどに流し込みます。

仕事のこと、子供のこと、遊びのこと。
あーでもない、こーでもないと、結構な盛り上がり。
なかでも、キャンプグッズの話やおこづかいの話(もちろんとうさんの)が一番の盛り上がりでしたが

photo 638
  夜が更けると気温もぐんと下がり焚き火が大活躍です。
  
お決まりの焼きマシュマロの甘い香りが漂うテントサイトは、最後は親父2人の語らいの場となるというお決まりのコースをたどり、11時過ぎに眠りに着きました。

Part2へつづく


ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
別ウインドウでランキングが表示されます。

にほんブログ村 アウトドアブログへ



プロフィール

KICHI

Author:KICHI

家族と自然を愛する平凡な40代。
カヤックにどっぷりハマってます。
子供たちとの触れ合いをいつまでも楽しみたい!

コメント
<>+-
カテゴリ
Twitter
フォロー大歓迎です!
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
お気に入り
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

ブロともになっていただける方はポチッてください。

QRコード
モバイルからもご覧いただけます。
ブックマークをお願いします。
QR
ユーザータグ

ダウンリバー 大井川 キャンプ 気田川 まめぼうさん 笹間川 バードウォッチング DIY スキー Georgeさん 自転車 あっちゃん hi-deさん TERU-TJKさん ちかさん shion 伊久美川 わたるさん ショウちゃん シーカヤック サビキ 職場 Shion 風のハルさん Mさん 池の谷キャンプ場  奥大井 小川 resurbia テント 吉田港 豊川 Joeさん 御前崎 かとちゃん 沖縄 ogawa 釣り Diesel65 ezg42 蓮華寺池公園 ふみおくん SAKU DIESEL65 カヤック 多摩市カヌークラブ 明野キャンプ場 ケンちゃん まさきさん 安倍川 はぐれメタさん しましまさん ヨシさん ろくさん 静波海水浴場 富士川 もけけさん カズちゃん かずちゃん カトちゃん 島田中央公園 本栖湖 ラナ 西湖 浜名湖 水遊び 久野脇 千頭 はるちゃん テナガエビ 肉丸さん ヤギリンさん 海水浴 エアさん 登山 自宅 がん103さん 静波 F906i Sタケさん 家山川 クリーク EZG そーしんさん ハイキング ゆらどんさん リバティ 宇宙 大阪 なおさん 弓ヶ浜 マラソン うらちゃん 瀬戸川 masaさん 西伊豆 旅行 ぽからさん 井川 アクアミューズ スポット 1Q84 opinel SVEA123 久野脇キャンプ場 パラグライダー 七曲り ムライダーさん 新年会 三輪車 むらいだーさん 浜名湖サイクル・ツーリング ソリ 伊久美 ツージーさん MPV Japman6goさん ランブリング 公園 キックボード 菜園 ハイバックアームチェア 物置 長島ダム ルーペ ポイズンリムーバ ふぐ ホテル九重 花粉症 キズパワーパッド 相良港 謎解探検 やぎりんさん 笹間湖 川遊び 早川オートキャンプ場 早川 カヌー親父さん ソロ ☆さん やまちゃん まさみむっちゃん スケート ツカサ ふみ 天窓洞 シオン ごまきちさん N橋さん 石廊崎 南伊豆 多田良 なつべーリリー母 謎解き fj75rong 大崩海岸 やおなさん わたっとさん ヘタレさん ナスミンさん よういちさん コウさん アニーさん 作業台 ブランシュたかやま 運動会 稲刈り あさリバ 久能山 島田 寸又峡 蓬莱橋 ちょい投げ 手長エビ さびき 大井川港 金魚 餅つき 潮干狩り ふじてん NORIさん スーさん スノーケリング ナップ島 川飯 百名山 読図 ハート ワイヤーベンダー snowpeak 湯日川 電気工事 大瀬崎 シュノーケリング バーナー トレック900 平野啓一郎 

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: