090725 ダウンリバー in笹間川

梅雨が空けないですねえ。

このあたり(静岡県中西部)はおとといからまとまった雨が降りました。
気田川も、大井川も、富士川も、本流はどこも濁流が流れていることでしょう。
増水のどんぶらこ~ってカヤッカーには魅力無いんですよねえ。

ところが、こんなときでも楽しく漕げる場所はどこかにあるものです。
アンテナを張り巡らせて、情報収集して、そんな場所を探しているカヤッカーは多いでしょうねえ。

そんなわけで、笹間川に行ってきました。
今回は直近3日で70mmほどの雨量があり、ezg42かディーゼル65かかなり悩みましたが、結局ezg42で出撃しました。

到着してみると、今まで漕いだ中では一番の水量ですが、水質は笹にごり程度。
この川の濁流を何度も漕いでいるTDMさんと一緒なので心配なさそうです。

photo 440
 一番の落ち込み


後半の小学校以降は、緊張の連続です。

photo 426
 激流と戯れるTDMさん

そんな中でも遊びまくるTDMさんには脱帽です。
途中一箇所ストッパーに巻かれて危うかったようですが、残念ながら僕は陸に上がって休憩中で見逃してしまいました。
残念!
「死ぬかと思った。」
と笑顔のTDMさんはつわものです。

僕はというと、まじ沈が2回。
そのうちの一回は、二段ホールの一段目にスターンを引き込まれバク転して沈。
幸いもまれることなく流されたので、二段目は水中でやり過ごし無事生還しました。
なんとかロールでしのいで事なきを得ましたが、これ以上の水量でプレイボートのEZG42では厳しいですねえ。
遊んでいる余裕がなくなると思うので、ディーセル65の出番です。

約7kmの行程を、3時間ほどで漕ぎぬけました。
本当に密度の高い3時間でした。

ゴールの後に、自分のロール動画をとってもらいました。



右ブレードが完全に水中ですねえ。
ヘッドアップも早いです。
今日みたいにパワーがある流水だとこれだと厳しいです。
もっと練習しないと。
いざというときに備えて、左とバックデッキを何とかマスターしたいものです。

本当に近くて楽しい笹間川
水量があったら毎週行きたいです。
なんて思うけど、家庭持ちには無理なんだよねえ(笑)


<参考データ>
雨量: 7/18~24 90mm
    7/23~24 68mm 笹間観測所




ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
別ウインドウでランキングが表示されます。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

090718-20 キャンプ in西湖 (PICA西湖)

ついに行ってしまいました高規格キャンプ場。
一回は行ってみたいと思っていたんですが、金銭的にもなかなかね~。

今回行って来たのは「PICA西湖」。
しかも、コテージで2泊というリッチなキャンプ。

11時頃キャンプ場に到着。
14時チェックインということなので、それまで場内を探索してみましたが、湖には車を付けれないのでダッキーをキャンプ場内から湖面に出すのは結構重労働になることが判明。

場内の湖はこんな岩場
 場内から湖へはこんな岩場

車で乗り入れる場所はないかとドライブしながら下見した結果、何ヶ所か漕ぎ出せそうな場所の目星をつけることができました。

場内はさすがに整備されていて、本当にこれがキャンプ場なのかと疑ってしまうような環境。
来ている人たちも、何となく品がある感じがしてしまうのは気のせいだろうか?

一日目はあいにく小雨がぱらつく空模様でしたが、下界に比べとっても過ごしやすい気温でした。
キャンドルつくりのイベントに参加したりして、のんびりと家族で楽しく過ごしました。

二日目は天気も回復したので、午前中は場内の釣堀でマス釣りを楽しみました。
魚を焼く串を持って無かったので、木の枝で即席の串を作りました。
ハートにも初めてナイフを持たせると、やっぱり男の子です、夢中になって木を削っていました。

初めてのナイフ
 初めてのナイフ

昼過ぎからカヌーに出かけることにしました。
昨日目星をつけた場所に車で移動し、艇の準備に掛かろうとしたら、子供たちは水遊びに夢中になっている様子。
しばらく様子を眺めたあと、
「カヌー乗る?」
と聞くと、
「イイ!」
との返事。
どうやら水遊びしていれば満足の様子。
そんなわけで、今回はカヌー無しのキャンプになりました。

西湖で水遊び
 西湖で水遊び
 
水辺でたっぷり遊んだ後サイトに戻り、夕飯の準備です。
今日は子供たちも手伝ってくれたカレーです。
最高に美味しかったのは言うまでもありません。

夕方、ハートは林にクワガタ用のトラップを仕掛けていました。
寝る前には、
「お父さん、クワガタ来てないか見といて!」
と言い残し、自分はいつもどおりの早寝を決め込んでいました。
赤松が基本のこのキャンプ場では、クワガタを捕まえるのはちょっと難しかったです。

あっという間の最終日。
片づけを終えた後、近くのコオモリ穴に行ってみました。
そんなに期待していなかったのだけど、ちょっとしたケービング気分を味わえて最高でした。
子供たちも大満足だったようで、結局3周もしてしまいました。

気分は探検隊
 気分は探検隊


初めての高規格キャンプ場だったのだけど、終えてみて思うのは、やっぱり完全アウェーだったなあということ(笑)
これは夫婦で共通した感想でした。

我が家のコテージが水場から結構離れていたのもマイナスポイントでした。
すべて清潔感あふれる炊事場だったけれど、近くにちょっとした(普通の)流しがあると使い勝手が良くなるんじゃないかと思いました。

テントエリアは非常に狭い場所に区画されていて更に魅力がありませんでした。
まるで駐車場のような地面だったし。
レンタル・販売用品の充実や、スタッフの対応の良さはキャンプ場という枠を超えてすばらしかったです。
あと、場内のお風呂がありがたかったです。

想像はしていたけれど、やっぱり経験してみないと分かりません。
何を評価するかというのは個々の事情もありますので一概には言えません。

ただ、我が家には向いてないかなあ。
費用対効果を考えちゃうんですよねえ(笑)

そんなわけで、次回からは晴れて最低限の設備しかないホームでのキャンプになりそうで~す(笑)




ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
別ウインドウでランキングが表示されます。

にほんブログ村 アウトドアブログへ




090711 キャンプ in明野キャンプ場

ダウンリバーを終え下社前に戻ると、かなりの数の車が停められていました。
おまけに真ん中には極太の丸太が井桁に組まれ、この場所に不似合いな青年の集団がいました。
夜になってここがどんな状況になるのかすんごく気になったんですが、われわれはもう少し静かであろう「明野キャンプ場」に移動することにしました。

明野に到着すると、下社の喧騒がうそのように正真正銘の貸切でした。
アクセスの悪さが原因なんだろうけどねえ。

桜の大木の下にテーブルを広げられたので、今日はタープなんて野暮なものは使いません。
草原もいいけど、僕はやっぱり木があるサイトが好きだなあ。

貸切の明野キャンプ場
  貸切の明野キャンプ

さてさて、今日のメインイベントである懇親会が始まりました。
本来なら、みんなで持ち寄った食材をいただきながらのまったりした時間です。

ところが、子連れの僕は子供たちの無理な難題を一つ一つクリアーして行かなければなりません。
「野球しよう!」とか「ブランコ押して!」に始まり、「木登りしよう!」「バッタとって!」などなど。
今回は単独キャンプではなかったので、子供に徹底的に付き合うことにしました。
最悪、みんなからのおすそ分けだけですごせばいいかと…

そんな気持ちを知ってか知らずか、おなかの虫が鳴り出すと、「たこ焼きまだ~」の大合唱(怒)

持参していった我が家の夕飯は、たこ焼きをメインに串焼きが数種でした。
手間がかからず、美味しいってのがいいですよね。
すぐに3人の子供(あれ、一人多いぞ!)と楽しくたこ焼きをくりくり。

たこ焼きくりくり
  たこ焼きクリクリ


その後も、焼きマシュマロ、花火とお決まりのイベントを消化して、9時前に子供たちを寝かしつけるまでほとんど大人チームに参加することができませんでした。

花火
  花火

子供たちが寝た後は、楽しい遠征の予定を話し合ったり、日ごろの思いをそれぞれぶつけたりして(汗)楽しい時間が過ぎていきます。
貸切なので、大分騒いでいたような気がします。
結局日付が変わったあたりでお開きになりました。


翌日、皆さんは早めに帰路に着きましたが、僕たち親子はのんびりと過ごしました。
昨日より大分澄んで大勢の釣り師が竿を振る気田川で、流されたり潜ったり。
午前中いっぱい川遊びを満喫しました。

木登りに最適、エノキの大木
  木登りに最適、エノキの大木

ナナフシをゲット
  ナナフシをゲット


結局管理人さんが集金に来ないので(僕たちしか居ないのを知っているからなんだろうけど)、帰り支度を終えたところでお宅に挨拶に行ってきました。

ミイラ取りがミイラ(ミイラがミイラ取り?)、ここで冷えたスイカをご馳走になり、子供たちはお菓子まで頂きました。
TVから流れる、NHK喉自慢が夏の田舎にはぴったりはまりすぎてます。(アタック25には負けますが…)
しかも払いに行ったはずの料金は??…、200円払って、喧騒の中キャンプしていた皆さんに怒られるのでブログでは書けません(笑)
商売っ気はまったく無いですねえ、このキャンプ場。
存続していけるのかと逆に心配になってしまいます。

距離を稼ぎたい人には、明野から青橋というダウンリバーも有りかなあと思います。
もちろんベースキャンプは明野キャンプ場で!

またの来場を約束して、「すみれの湯」で二日分の汗を流し、誕生日を一人のんびり過ごすという最高のプレゼントをもらったミーの待つ家へと車を走らせるのでした。




ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
別ウインドウでランキングが表示されます。

にほんブログ村 アウトドアブログへ




090711 ダウンリバー in気田川(下社~青橋)

気田川に行ってきました。
総勢9名、6艇でのダウンリバーです。

今日は夕方からは仲間内での懇親会の予定なので、子供たちも一緒にキャンプしながらの参加となりました。

川くだりは、下社前から青橋まで。
幸い(?)濁りがまだ入っていたので、鮎つり師の姿はほとんどありませんでした。

遊べる瀬がいたるところにあり、カヤックのみんなは大満足の様子でした。
ダッキーの僕たちも負けじと高架線下のパワフルな流れの中でサーフィンして遊んでいると、突っ込んだ勢いで水をまともに受け、4m近くもあるトムキャットがエンダー気味になり、子供たちが転がり落ちそうになる一幕もありました。
ハートは大喜びだったけれど、SAKUはさすがにびびったみたい。
サイドを食われていたら沈だったでしょうねえ。

今日はK沢さんもお子さんをつれての参加でした。
川下りデビューとは思えない1年生。
川下りを満喫していました。
一緒に遊べる仲間が居るせいで、わが子もいつも以上に大はしゃぎでした。
大岩から飛び込んだり、水を掛け合ったりと本当に楽しそうでした。
やっぱり子供は大勢いたほうが楽しいですねえ。



キャンプ編につづく。

ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
別ウインドウでランキングが表示されます。

にほんブログ村 アウトドアブログへ


090708 釣り in相良港

昨日は楽しく笹間川を漕がせてもらったので、公民館の草取り奉仕を終えてから、のんびりマッタリと釣りに行ってきました。
今日は我が家の男共が全員参加です。
やっぱりみんな着いてきてくれると、父はうれしいものです。

ところが、相良港に到着するとあいにくの雨(涙)。
天気予報では夕方までは持ちそうといっていたのになあ。

そこで、こんなものを作ってみました。
分かりますかねえ?

照る照る坊主

そう、照る照る坊主です。
SAKUがいっぱい(5匹)作ってくれました(笑)

おかげで30分もすると雨は上がり、何とか釣りを開始できました。

準備を済ませ、竿を出すとまさに入れ食いでメジナ(グレ)をGET!

メジナ君

しばらくは入れ食いで何尾か釣り上げることができました。
大きいものでも15cmと可愛らしいものでしたが(笑)

結局、お目当てのアジはまったく見かけなかったけれど、メジナを10尾とタナゴが2尾、それからウグイが2尾(リリース)釣れました。

SAKUも1尾見事に釣り上げていたし、本当に楽しい一日でした。
たまにはのんびりと海に向かっているのもいいものです。
帰りの途中で寄った砂浜で波と戯れる子供たちを眺めていると自然と笑みが浮かんでしまいました。

波と追いかけっこ


家に帰り、塩焼きと煮付けにして美味しく頂きました。
楽しませてもらい、美味しくいただかせてもらったお魚たちに感謝です。




ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
別ウインドウでランキングが表示されます。

にほんブログ村 アウトドアブログへ




090704 ダウンリバー in笹間川

先週に続いて今週も笹間川に行ってきました。

夕方から用事があるため、午前中だけの参加者を募ったところ、同じような境遇に苦しむ(?)おじさん四人で、8時には漕ぎ始めるという、久々の早朝ダウンリバー、笹間小(石上橋)からのショートコースとなりました。

先週よりは水量があったものの、クリーキングというにはかなり物足りない水量でしたが、すがすがしい里川を満喫してきました。

もう少し水量があるかと思い、今日はDIESEL65(ディーゼル)で気合を入れて出撃しましたが…
結果から言うと今日もプレイボートのEZG42にすればよかったです。
雨量と水量の相関が大分つかめてきたので、次回からは大丈夫だと思います。
今週は直近一週間で100mmの雨量でした。
先週の予想通りの川の状態でした。
もう少しあると良いなあという希望は持っていたんですけど…


今日のダウンリバーは僕は2沈脱(今日唯一の沈脱者でした)と、ここ最近では記憶に無い大惨敗でした。
もっと腕を磨かないと本物のクリークには漕ぎ出せないですねえ。
バックデッキロールの練習をしていたら、本来のロールもスランプ気味になってきました(涙)
懲りずに練習あるのみですが、かなりへこみました。

さらに、今日まったく冴えなかった僕は、カメラをゴール地点に忘れるという失態まで演じてしまいました。
折角朝日に輝く笹間川を漕いできたのに、非常に残念です。

という訳で、画像は帰りに橋の上から撮ったものです。

笹間川

こう見るとかなり少なく見えますが、結構楽しく漕げるんですよ~。
ただ、この川本来の豪快なクリーキングを楽しめたら最高なんですが。
次回に期待することにしましょう。

そういえば、川の上の電線でさえずるウグイスがいました。
これは珍しいですねえ。
「鳴き声すれど姿見えず」が彼の印象でしょ?
それから、この川はトンボの種類が豊富な印象を持ちました。
トンボ通にはお勧めです(笑)
まー、本当にいい川だということです。

それにしても、午後からも有効に活動できるし、やっぱり早朝ダウンリバーは最高ですねえ。

<参考データ>
雨量:65mm(6/29~6/30)
    34mm(7/1~7/2)
    7mm(7/3) 笹間観測所
気温:




ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
別ウインドウでランキングが表示されます。

にほんブログ村 アウトドアブログへ




プロフィール

KICHI

Author:KICHI

家族と自然を愛する平凡な40代。
カヤックにどっぷりハマってます。
子供たちとの触れ合いをいつまでも楽しみたい!

コメント
<>+-
カテゴリ
Twitter
フォロー大歓迎です!
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
お気に入り
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

ブロともになっていただける方はポチッてください。

QRコード
モバイルからもご覧いただけます。
ブックマークをお願いします。
QR
ユーザータグ

ダウンリバー 大井川 キャンプ 気田川 笹間川 まめぼうさん バードウォッチング DIY スキー 自転車 Georgeさん hi-deさん ちかさん あっちゃん shion 伊久美川 TERU-TJKさん わたるさん シーカヤック サビキ 職場 Mさん 風のハルさん  テント 吉田港 Joeさん 小川 resurbia 豊川 奥大井 池の谷キャンプ場 釣り ogawa ezg42 蓮華寺池公園 多摩市カヌークラブ Diesel65 御前崎 Shion DIESEL65 かとちゃん カヤック 沖縄 ヨシさん 本栖湖 明野キャンプ場 カズちゃん ろくさん ケンちゃん SAKU 静波海水浴場 ショウちゃん はぐれメタさん 島田中央公園 まさきさん もけけさん 安倍川 富士川 ラナ 宇宙 ハイキング 登山 エアさん 浜名湖 EZG 海水浴 ヤギリンさん ゆらどんさん 久野脇 肉丸さん はるちゃん 水遊び 西湖 井川 マラソン そーしんさん 瀬戸川 かずちゃん しましまさん ぽからさん テナガエビ 自宅 千頭 がん103さん 家山川 クリーク 旅行 西伊豆 静波 リバティ うらちゃん なおさん ふみおくん 弓ヶ浜 Sタケさん masaさん 大阪 F906i SVEA123 スポット 1Q84 opinel アクアミューズ パラグライダー 新年会 七曲り 三輪車 むらいだーさん ランブリング ムライダーさん 浜名湖サイクル・ツーリング ツージーさん 伊久美 MPV Japman6goさん ソリ 公園 ふぐ ハイバックアームチェア キックボード 物置 長島ダム 相良港 菜園 ルーペ ホテル九重 花粉症 キズパワーパッド ポイズンリムーバ 久野脇キャンプ場 謎解探検 笹間湖 川遊び ☆さん やぎりんさん 早川オートキャンプ場 ソロ 早川 やまちゃん 天窓洞 スケート 作業台 まさみむっちゃん ツカサ シオン ふみ カヌー親父さん ごまきちさん 石廊崎 南伊豆 大崩海岸 多田良 なつべーリリー母 謎解き fj75rong やおなさん コウさん ヘタレさん N橋さん わたっとさん ナスミンさん アニーさん よういちさん ブランシュたかやま 読図 運動会 稲刈り あさリバ 久能山 島田 寸又峡 蓬莱橋 ちょい投げ 手長エビ さびき 大井川港 金魚 餅つき 潮干狩り ふじてん NORIさん スーさん ナップ島 ワイヤーベンダー スノーケリング 川飯 ハート 百名山 snowpeak バーナー 電気工事 カトちゃん 湯日川 大瀬崎 トレック900 シュノーケリング 平野啓一郎 

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: