大井川ビックウォーター (6/26)

今日はいつもの仲間5人が川根温泉に集まりました。

ぎりぎり漕げるくらいの笹間川と、ちょっと多すぎる濁った奥大井。
もろもろの事情を鑑みると、究極の選択だったりします。
先週の笹間川を味わっちゃうと、今日の笹間川はちょっと漕げないです。


参加のみんなで、迷いました。
かなり迷ったよねえ(笑)
最終的には僕の意見を押し通した形になりました(汗)
結果的には大正解だったと思いますよ~。

で、結局ビックウォーターを求めて奥大井へ行ってきました。
ただ、30t/sはちょっと多すぎなんです。
ホールがつぶれて遊べる場所が少なくなってしまうんで(涙)


photo 672
 川霧の中スタートです。


奥泉をスタートすると、すぐにかなり落差の有る直角カーブが現れます。
ここはこのくらいの水量になると大迫力です。

 photo 680
 カヤックが水中に消えるくらい(驚)

迫力の有る流れも、瀞場にはこんな場所もあります。
これだけ落差があると、かなりの圧力です。

photo 691
 水が甘いと皆さん大絶賛。

このあとも、「小山のつり橋」までの前半は落差の有る瀬が続きます。
うねりも入り、かなり楽しめました。

つり橋下でランチをとりながらしばしの休息。
みんなで楽しく語らうこの時間が僕は結構好きです。
話の内容は、あんまり覚えてないですが(笑)

ところで、このつり橋、渡っている人を始めてみました。
地元のおばさん。
生活道路ってことでしょうか。橋の向こうには駅しかないんですけど。。
ガメラが出てこなくて良かった~(笑)


後半はビックウォーターにありがちなどんぶらこ~(涙)
やっぱり30tは少し多すぎますね。


だけど、川霧の中の奥大井はやっぱり雰囲気あります。

photo 713
 瀬の音が冒険心をそそります。

photo 718
 オシドリさんにも遭遇しました。

後半はどか~んと下ってしまったけど、やっぱりビックウォーターは楽しいです。
両国橋の下でボディーラフティングまで楽しんだ僕は、今日も満腹です。

撤収の頃に本降りになった雨にボヤキが入ったのは言うまでもありません(笑)


やっぱり、色々なコンディションの中、そのときそのときで最高の場所を漕ぐって言うのが、してやったりな気持ちでカヤッカーぽいかなあ。
賛否はあるでしょうが、そんなスタイルが僕はやっぱり大好きです。

<参考データ>
放水量:30t/s(長島ダム)
気温:20.3~24.0℃(川根本町観測所)








今季初、笹間川でクリーキング (6/20)

今週梅雨に入ったと思ったら、いきなりの大雨でした。
大井川の本流は茶色い激流と化していました。

こんなときは笹間川のクリーキングが狙い目です。
仲間に声を掛けたんですが、なかなか人が集まらず焦りましたが、何とかTDMさんが同行してくれるということになり、実現できました。
現地入りすると、のりさんとスーさん(仮名)がちょうど着替えているところでした。
やっぱり分かる人には分かるんですねえ(笑)

今日もカメラを着替えと一緒にゴールに置き忘れたので、ダウンリバー中の画像はありません(涙)
ただ、写真撮ってる余裕もそんなに無かったので同じことかも。

photo 665
 開けたところですが、雰囲気はこんな感じ。

笹濁りの笹間川を下り始めると、テクニカルな激流が僕たちを翻弄します。
岩が連続しているエリアでは、コース取りはもちろんですが、艇をどちらに振っておくか、バウとスターンのどちらに体重をかけるかも意識しないといけません。
途中一箇所TDMさんがコース取りを誤って岩に張り付いてしまう場面もありました。
油断や一瞬の判断ミスがまさに命取りになります。
ここは事なきを得ましたが、本気で焦りました。

いつもの危ない堰は艇を担いでクリアーし、橋の下でランチです。
ここで改めてのりさんとスーさんにご挨拶。
のりさんとは結構話すことはあったんですが、スーさんとこんなに話をしたのは始めてでした。
ポジティブな明るいいいおじ様でした(笑)

四人で楽しく語り合っていると、大粒の雨が降り出しました。
橋の下でランチにして大正解です。

ここから下流は更に難易度が上がります。
落ち込みが何段にも続き、さらに瀬の長さが半端無いです。
漕ぎ抜けるだけで息があがってしまうような状況です。
午後はのりさんの後ろを漕がせてもらったので、すごく勉強になりました。
コース取りや艇の向け方が僕なんかとはレベルが全然違う。
やっぱり上手い人について漕ぐのは大事だなあと痛感しました。

回送中に撮った画像を載せておきますが、ひらけたところでこんな具合ですので、落差のある場所はご想像にお任せします。

photo 667

photo 670

それから一箇所工事中の箇所がちょっと危ない感じでした。

photo 666


笹間川は岩盤なので、川相はあんまり変わらず、護岸や鉄筋といった人工物とストレーナーさえ気をつければそれほど危険ではないとスーさんが言ってました。
ある程度のスキルがあれば確かに危険度はそれほど高くないと思います。
ある程度っていうのがどの程度なのかが非常に難しいんですが(汗)

場数を踏んでいるのりさんとスーさんから見ると、入門レベルの川ということのようです。

来週も行きたいです(笑)

<参考データ>
降水量:164mm (笹間観測所)
 6/18 13:00~6/19 4:00の累計





たまには海 in静波 (6/12)

海の近くに住んでいるんだけど、子供を海水浴に連れて行ったのって数えるほどしかないんです。

梅雨に入る前に、海に行ってきました。
もちろん泳ぎに。

photo 630

結構いい波が立っていて、サーファーでいっぱいでした。
天テレの「ライフセービング部」の影響で、ハートは波に乗ろうと頑張っていました。
気が付くと結構沖に行ってしまっているので、気が気ではありませんでした。
海開き前の海はライフセーバーさんも居ないので、いざということが絶対にあってはいけない環境ですから。


風がかなり吹いていて、すぐに寒くなってしまうので浅瀬の温水で暖を取ります。

photo 637

昼にはミーの手作りランチを仲良く食べました。
風で砂が襲ってくるのが、「勘弁して~」って感じ。
やっぱり手作りお弁当は美味しいですね。

午後もひとしきり遊んで、子供たちが満足したところで帰ることにしました。
べたべたする体。
なかなか取れない砂。
かなり大変です。

やっぱりこの感じ好かんなあ(笑)
すっきりさっぱりの川のほうが好みだなあ。
家についてから靴や水着の砂を洗い流し、男どもはシャワーを浴びてすっきりです。
たまには海も楽しいですが、たまにはねえって感じです(笑)




平日漕ぎ in富士川 飯富橋~塩ノ沢 (6/11)

hi-deさんのお誘いに乗っかって、念願の富士川(飯富橋~塩ノ沢)に行ってきました。
大井川と迷ったんですが、アユ釣り解禁前日ということで富士川に決定しました。


思っていた以上に富士川って水量あるんですね。
推定で20~30tってところでしょうか。
都会を流れてくる川なので、残念ながら水質はいまひとつですが、楽しい瀬が連続するのでそこは大目に見ましょう(笑)

今回、川にカメラを持っていくのを忘れたので、hi-deさんから頂いた画像です。
スタートするといきなり現れる核心部、屏風岩の瀬です。

IMGP9279.jpg
一段目の下で遊びます

こちらは二段目。
まずはオーナーのhi-deさん。



つづいてKICHI。
三角波の頂点でブーフっぽく決めたかったんですが、タイミング思いっきりづれてるし、どうみてもやられてる感じ(笑)
これだけの流れの中にいると、自分がどのあたりにいるのか分からなくなってしまうので(汗)



この核心部の横でのんびりと休憩をとり、後半はのんびりと途中のウェーブやホールで遊びながら下りました。

今回はじめて行ったこの区間ですが、以前行った天竜川の宮が瀬橋の下流に雰囲気がそっくりでした。
そして改めて思ったのが、僕のホーム大井川の水質の良さ。
水が綺麗って、すごく恵まれていると感じました。

富士川の激流はストレートで隠れ岩もないので、安心して轟沈が可能です。
今度お誘いがあったら、子連れでダッキーってのもありかなあ。

ゴールしてからのランチも、hi-deさんから色々面白い話しが聞けて楽しかった~。
漕いでいるよりもしゃべっているほうが長かった今日のツアーでした(笑)

<参考データ>
水位:-0.75m 富山橋観測所
気温:    南部観測所

初めての本栖湖キャンプ&カヌー 2日目 (6/6)

目覚めてテントから抜け出すと、眼前には霧をまとった本栖湖が広がっていました。
昨日とは打って変わって風がない穏やかな湖面。

親子でのんびりと朝食をとっていると、きょうご一緒する予定の皆さんが湖畔に到着したようです。
ここであわててもしょうがないので(笑)、サイトを少し片付けてから車を下に廻しました。

photo 559
 富士山がしっかり姿を現しました

バレイさん親子、hi-deさんファミリー、星さん、しましまさん親子、joeさん、ごっしーさんファミリー。
総勢何人だ?
僕たちも入れて16人かな。

いつもはダッキーを準備するのに皆さんを待たせることが多いんだけど、今日はファルトを組み立てる人がいるから全然余裕がありました。
準備ができた人からビールを片手に楽しいおしゃべりが始まりました。
子供たちはみんなで楽しそうに水に浸かっています。

photo 567
 水温はかなり低いです。

絶対寒くなるんだろうなあと思いながら、誰も止めないのが良い感じです。
案の定しばらくすると、せい君とハートが真っ青な唇でダウンしました(笑)
意外と気が合いそうな二人です。

準備ができたところで、対岸の溶岩帯に向かって出発です。
午後になると風が吹くということですが、漕ぎ出したときにはすばらしい凪でした。

photo 574
 富士山に向かって漕ぐ 

ハートは今日も張り切ってソロで漕ぎます。

photo 584
 途中すれ違う「もぐらん」 

それにしても水が綺麗で気持ち良い。
どのくらいで到着したんだろう、時間の感覚が麻痺してしまいます。
対岸につくころには少し風が出てきました。
久しぶりに漕ぐ静水はキツイです。
そんなことはお構い無しに、SAKUはやっぱり途中から爆睡でした(笑)

photo 585


photo 586
 もう一息

エメラルドグリーンの水面から上がり、溶岩に上陸して泡盛片手に楽しいトークを再開です。
初対面の方が多いので、本当に楽しいひと時です。

photo 595
 溶岩帯

photo 588
 エメラルドグリーン

いつまででもここで過ごしていたいんですが、そういうわけにも行かないので戻ることにしましたが、皆さん帰りは早い早い(笑)
ダッキーの僕は漕いでも漕いでもみんなとの差は広がるばかり(涙)
カヤックのハートまで僕を置き去りにしていきました。

photo 603
 もうみんな上陸をとっくに完了

hi-deさんの手長えび、バレイさんのコーヒーに舌鼓を打ちながら楽しくランチをとります。
みんな思い思いのひと時を過ごし、夕方前に再会を約束して解散となりました。

我が家はテントサイトの撤収をのんびりと済ませ、楽しかったキャンプを終えました。
後から知ったんだけど、チェックアウト10時ってなっていました(汗)

異種混合となった今回の集まり。
艇種の垣根を越えて、楽しく過ごせる大人の集いって感じでしょうか。
今度はのんびりとキャンプでもしながら過ごしたいです。



初めての本栖湖キャンプ&カヌー 1日目 (6/5)

バレイさんのお誘いに乗って、本栖湖にキャンプ&カヌーに行ってきました。

前日からのキャンプは僕たち親子だけということなので、初めての本栖湖キャンプに少し緊張しました。
昼過ぎに今回の集合場所となる「浩庵キャンプ場」に到着し、設営場所を物色していると、しばらくして湖面から結構な吹き上げになりました。
事前に半地元のhi-deさんから仕入れた情報によると、夕方からはぐーんと気温が下がるということなので万全の装備で望んでいましたが、前途多難を予想させる展開です。

本当は湖畔にテントを張りたかったんですが、水場からかなり遠くなってしまうのと、かなりの斜面になっているので傾斜の下側でもつれ合う親子三人の寝姿を想像し、平らで水場に近い林間のサイトに設営することにしました。
それほどの混雑ではなかったので、広々と湖面を見渡せる場所に設営することができました。

photo 544


最近リニューアルしたというトイレと炊事場は非常に綺麗で、かなり満足度の高いキャンプ場でした。
管理等の前に大きなトランポリンがあり、子供は自由に利用させてもらえました。

photo 535

こういった子供心を掴む遊具類があると、リピーターが増えるんじゃないかと思います。
うちの子供たちは完全にはまってました(笑)

その後、ハートはルアーを投げたりもしてました。

photo 554

今日は男だけのキャンプなので、タープも張らず、バーナーもシングル一本。
メインは七輪でのんびりと楽しく過ごしました。
結構ワイルド好きのハートはキャンプの食事も楽しめるんですけど、お坊ちゃまなSAKUは食べられるものなし(涙)
今日はSAKUのわがままに振り回された一日でしたが、それも今だけのことと割り切りたいと思います。
実際にはカリカリ、ガミガミ。
全く割り切っていないですが…

心配した寒さもそれほどでもなく、テントの中では冬用のシュラフでは汗をかくくらいの快適な夜でした。
虫もまだほとんどいないので、やっぱりキャンプは梅雨前までがベストシーズンですね。






プロフィール

KICHI

Author:KICHI

家族と自然を愛する平凡な40代。
カヤックにどっぷりハマってます。
子供たちとの触れ合いをいつまでも楽しみたい!

コメント
<>+-
カテゴリ
Twitter
フォロー大歓迎です!
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
お気に入り
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

ブロともになっていただける方はポチッてください。

QRコード
モバイルからもご覧いただけます。
ブックマークをお願いします。
QR
ユーザータグ

ダウンリバー 大井川 キャンプ 気田川 まめぼうさん 笹間川 バードウォッチング DIY スキー Georgeさん 自転車 あっちゃん hi-deさん TERU-TJKさん ちかさん shion 伊久美川 わたるさん シーカヤック サビキ 職場 Shion ショウちゃん 風のハルさん Mさん 池の谷キャンプ場  奥大井 小川 resurbia テント 吉田港 豊川 Joeさん 御前崎 かとちゃん 沖縄 ogawa 釣り Diesel65 ezg42 蓮華寺池公園 ふみおくん SAKU DIESEL65 カヤック 多摩市カヌークラブ 明野キャンプ場 ケンちゃん まさきさん 安倍川 はぐれメタさん しましまさん ヨシさん ろくさん 静波海水浴場 富士川 もけけさん カズちゃん かずちゃん カトちゃん 島田中央公園 本栖湖 ラナ 西湖 浜名湖 水遊び 久野脇 千頭 はるちゃん テナガエビ 肉丸さん ヤギリンさん 海水浴 エアさん 登山 自宅 がん103さん 静波 F906i Sタケさん 家山川 クリーク EZG そーしんさん ハイキング ゆらどんさん リバティ 宇宙 大阪 なおさん 弓ヶ浜 マラソン うらちゃん 瀬戸川 masaさん 西伊豆 旅行 ぽからさん 井川 アクアミューズ スポット 1Q84 opinel SVEA123 久野脇キャンプ場 パラグライダー 七曲り ムライダーさん 新年会 三輪車 むらいだーさん 浜名湖サイクル・ツーリング ソリ 伊久美 ツージーさん MPV Japman6goさん ランブリング 公園 キックボード 菜園 ハイバックアームチェア 物置 長島ダム ルーペ ポイズンリムーバ ふぐ ホテル九重 花粉症 キズパワーパッド 相良港 謎解探検 やぎりんさん 笹間湖 川遊び 早川オートキャンプ場 早川 カヌー親父さん ソロ ☆さん やまちゃん まさみむっちゃん スケート ツカサ ふみ 天窓洞 シオン ごまきちさん N橋さん 石廊崎 南伊豆 多田良 なつべーリリー母 謎解き fj75rong 大崩海岸 やおなさん わたっとさん ヘタレさん ナスミンさん よういちさん コウさん アニーさん 作業台 ブランシュたかやま 運動会 稲刈り あさリバ 久能山 島田 寸又峡 蓬莱橋 ちょい投げ 手長エビ さびき 大井川港 金魚 餅つき 潮干狩り ふじてん NORIさん スーさん スノーケリング ナップ島 川飯 百名山 読図 ハート ワイヤーベンダー snowpeak 湯日川 電気工事 大瀬崎 シュノーケリング バーナー トレック900 平野啓一郎 

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: